2013年09月06日

応接家具搬入

応接家具搬入。

応接家具1.jpg

空間に合わせてデザインされているのでぴったり。

応接家具2.jpg

座り心地もばっちり。
大変好評です。

応接家具3.jpg

喜んで頂いて何よりです。

posted by 佐藤健治 at 10:13| 家具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月29日

椅子その後

製作中の椅子の座り心地を検討、ウレタンの重ね方でずいぶん違います。

  ウレタン検討.jpg 


布地のとめ方についても難しいところは試作をしてくれていたので確認。
出来上がりが楽しみです。

  ミシン検討.jpg 


その後、頂いたチケットでコルビジェの展覧会を観に西洋美術館へ。

  西洋美術館.jpg 


彫刻絵画中心で、建築の展示は数点でした。この美術館の吹抜はいいですね。大きなトップライト、2本の独立柱とスロープ、テラスの構成は魅力的です。改修時に塗装されたグレーの壁は何とかならんのか・・・。

posted by 佐藤健治 at 11:50| 家具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月22日

今度はテーブル

今度は応接のテーブルの確認です。よい出来です。

応接テーブル1.jpg

どうみても村野調?しかし、格好良い。

応接テーブル2.jpg

自画自賛ですみません。これから塗装です。

posted by 佐藤健治 at 14:51| 家具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月10日

椅子の工場検査

特注のチェアーの木部が出来上がったとのことで確認のため工場まで。椅子の特注は久しぶりです。前回は原寸図を持って伺って、構造はもちろんですが布地の納め方から微妙な細部の取合い、張替時の検討をしました。

椅子木部1.jpg

よく考えられていて納得のできでした。いい仕事です。

椅子木部2.jpg

最近、家具デザイナーでも工場に来ることはないそうで、スケッチを渡されて口頭でイメージを伝えて造ってくれと言われるそうです。原寸図はもちろんなし、ましてや手描きの図面は皆無だそうです。こんなことで、いいものが造れるはずがないと思いませんか?

posted by 佐藤健治 at 14:06| 家具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月04日

昭和モダンの家具

NHK美の壷「昭和モダンの家具」今朝の再放送もみてしまいました。ローコストが優先された時代のデザインとはいえ、安っぽさが気になって好きになれないものや、独りよがりで空間から浮いてしまうようなものも多々ありますが、「これは傑作」と思うものも中にはあります。学生時代か村野事務に勤めだした頃、確か島崎先生がコーディネートをされた名作椅子に座れる展覧会があって、有名な椅子を片端から座ったことがありましたが、思いのほかしっくりと座り心地のよい椅子がなく「名作椅子もこんなものか」と驚きましたが、渡辺力さんの紐の椅子は別格で、はじめて座ったときに感動したのを覚えています。坂倉さんの低座椅子も名作ですね。どちらも日本人の生活にしっくり馴染むよい家具だと思います。
posted by 佐藤健治 at 14:27| 家具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

久しぶり原寸

久しぶりの家具図、やはりよいですね。2m以上の原寸は更に久しぶりでした。

P1060139.JPGP1060140.JPG

posted by 佐藤健治 at 16:11| 家具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

家具のモデリング

進めている家具のモデリングができたと連絡がありました。際どい曲線でデザインされているので手作業の削り出しは大変だったとのこと。相変わらず脚は協力細くデザインしてしまうため、少し揺れが気になると。撮影したら画像を送ってもらえるので楽しみに待っている状況です。

posted by 佐藤健治 at 18:29| 家具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

土曜日は家具の日

土曜日は家具のデザインを構想する日にしています。私にとって鉛筆で美濃紙に原寸を起すことは創作の原点に戻る大切なことです。好きな音楽を高めにかけて自分の奥にある造形が手を通じて形になるのを待ちます。

家具原寸.jpg

posted by 佐藤健治 at 13:48| 家具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

THE Whisky World

19日発売の「THE Whisky World vol.24」に拙作「武蔵」を掲載して頂きました。この雑誌はウイスキー専門誌で愛好者の中では最も知名度が高く、美しい写真と密度が高い記事が大変魅力的です。「ウイスキー愛好者のための椅子、テーブル」から始まった「武蔵」が、このような雑誌に掲載されてことは嬉しいかぎりです。ウイスキーは風土と時の流れが凝縮した“芸術”だと思っています。「武蔵」がその“芸術”を楽しむための家具として愛されるようになって欲しいと願っています。

P1050330.JPG
posted by 佐藤健治 at 16:48| 家具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

日本民藝館 特別展「西洋家具の美」

18日土曜日打合せの後、久しぶりに日本民藝館に行きました。特別展「西洋家具の美」が開催しており、家具をデザインする私としては大変興味がありました。生活の中から生まれた家具は素朴で力強く、磨り減った角は、長く使われた家具だけがもつ味わい深い柔らかさがあります。幸運なことに柳宗悦邸の公開日でもあり、はじめて見学できました。想像以上にこじんまりとして、凝った設えが随所に見られました。朝鮮半島の伝統的なデザインが独特の雰囲気をつくっていました。

P1040951.JPGP1040947.JPG

posted by 佐藤健治 at 12:19| Comment(0) | 家具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

TOC展示会

昨日、一昨日と五反田のTOCでフランスベッドのフェアーがあり、「武蔵」も展示して頂きました。ステージに乗せて頂いて有難いことでした。一般のお客様から百貨店や家具店のからメーカーまで色々な方からご感想や御意見を頂いて大変有意義な時間を過ごしました。熱烈に気に入って褒めて頂いたり、皮の色のバリエーションを増やして欲しいなど、なかなか直接聞けない御意見をお聞きすることが出来ました。頂いたご意見は今後大切に生かして行きたいと思っております。取り急ぎ御礼まで。

ブログ用1.jpgブログ用2.jpg

posted by 佐藤健治 at 10:02| Comment(0) | 家具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

西船の家TVボード

追加で依頼を頂いたTVボードを納品に伺いました。製作は大蔵木材工芸、村野・森建築事務所在籍中、高輪プリンスホテル「さくらタワー」の時代から付き合いで、この家の椅子(発表前の武蔵)は鈴幸装備+星亀木工、それ以外を大蔵木材工芸に造ってもらいました。どれも大変気に入って頂いていて、このたび地デジ対応TVの買い替えを機にご依頼頂きました。風呂先屏に楽器のような箱が付いているようなデザインで両脇に飾り棚、TVの転倒防止にも独自の工夫があります。全て自分の家具で揃い空間の完成度も上がった感じがします。隣のカップボードともよくあっています。携わった職人さんから「大変だったけどいいものができた」とお話を頂きました。オーナーさんにも喜んで頂きました。

全体.jpg  全体2.jpg全体3.jpg  のみ.jpg

posted by 佐藤健治 at 15:49| Comment(0) | 家具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
矩須雅建築研究所Official Website