2017年02月08日

最近観た映画など

久しぶりに映画を堪能しました。

といってもBS3、映画館ではありません。

最近、映画はほとんど観ていません。

興味がある映画もありますがどうも億劫で。

考えること、時間が割かれることが疎ましく。

ちょっと観てみようと思ったのは気まぐれとフランス映画で舞台がパリだったからですが、気がついたら嵌ってしまい最後まで。


最強の二人.png


映画は「最強のふたり」という題名。

事故で体が麻痺してしまった貴族とスラム街で育った黒人青年の物語。

全く境遇の違うふたりが、生活を共にしながら心を通わせてゆく。

それぞれの心の小さな機微、建築でいうディテールが素晴らしい。

音楽もよかった。

心の中に小さいけれど温かな灯火が生まれたような気持ちになりました。

posted by 佐藤健治 at 16:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

上棟式

19日はお日柄がよいとのことで上棟式でした。

設計者本人が言うのもなんですが・・・美しい。


P1050736.JPG


薄く深い軒が重なり合ってとても軽快です。

posted by 佐藤健治 at 16:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

謹賀新年


20170101_064839.jpg
20170101_065211.jpg
20170101_065619.jpg
20170101_065733.jpg

明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い致します。

皆様にとりまして幸多き年に為りますようお祈り申し上げます

posted by 佐藤健治 at 17:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

和風に思う

今年は和風の物件を二つ手掛けました。

一つは津波で被災した伯父従兄弟夫婦の住まい、もう一つは明治期の棟に昭和30年代から増改築が繰り返されされてきた数寄屋の大規模(スケルトン)改修した住まいです。


この二つに携わり、しみじみと感じたことがありました。

今年も僅かですが、仕事納めまでに感じたことを綴りたいと思います。


DSC03064.JPG

posted by 佐藤健治 at 16:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

復興住宅日記5・ついに竣工

本日、ついに竣工引渡しを迎えました。


DSC02981.JPG


多くの人達が津波で亡くなったり、それぞれの事情によりこの地を去って行きました。

人口の少なくなってしまった三つの集落を合併したものが、この新しい高台の集落です。


DSC02950.JPG


この新しい住まいは地域に古くから根付いている習慣や風習、伝統を重んじながら造り上げたものです。


DSC02978.JPG


住まいにとって大切なことは、建築主の人格や人間性が隅々まで織り込まれ表現されていることだと考えています。


DSC02957.JPG


新しくできたこの集落で、ともに集い暮らしてゆく方々に、この家族の人柄を住まいの外観からも感じ取って頂き、共に仲良く穏やかな集落を築いて頂きたいと願っています。

posted by 佐藤健治 at 18:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

復興住宅日記4

高台移転の住まいの外壁が仕上がりました。


P1050138.JPG



深みのあるよい色です。近日足場が外れます。


P1050137.JPG


震災から5年半、ようやくここまで来ました。

posted by 佐藤健治 at 17:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

復興住宅日記3

台風7号の豪雨の中、高台移転の現場へ。

外部はモルタルまで完了、内部は二階ボードまで完了、

一階造作真最中と大分進んでいます


P1040907.JPG


台風が過ぎた夕方、久しぶりに白浜へ。


20160816_140850.jpg


以前の敷地は国に買い上げられ高く土が盛られています。


20160817_163251.jpg


大きな虹が掛かりました。


posted by 佐藤健治 at 18:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月20日

復興住宅日記2

上棟式から二週間、本日は中間検査でした。この地方に根付いている伝統や独特の習慣を大切に設計した住まいです。寝室の出窓からは追波湾を一望、右手が北上川の河口、正面の山を越えると雄勝です。

P1040690.JPG
posted by 佐藤健治 at 17:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

復興住宅日記1

7月6日、白浜の高台復興住宅がついに上棟しました。この地域ならではの仕来りに則った式と棟梁による唄、餅まきに近隣の村々の人達が大勢集まって下さり感慨ひとしおです。大海原を一望する住まいです。
P1040491.JPG
posted by 佐藤健治 at 18:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

5年目の3月11日

気が付けばもう311日。あれから5年、鎮魂の一日です。


20160214_115721.jpg


白浜高台移転造成もだいぶ進んでまもなく引渡しです。

posted by 佐藤健治 at 09:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

20160101_065010.jpg


20160101_065148.jpg

20160101_065334.jpg



本年もどうぞ宜しくお願い致します

posted by 佐藤健治 at 11:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

良いお年をお迎え下さい

本年も有難うございました。

忙しさを理由にブログをサボり続けて反省をしています。

石巻市十三浜白浜の高台の造成工事もだいぶ進んで、来年春には建築の着工が出来そうです。

20151220_120755.jpg

お蔭様で恵まれた一年でした。良いお年をお迎え下さい。

posted by 佐藤健治 at 17:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

パリの惨劇追悼

あの美しいパリで、何とも遣る瀬無い惨劇が起こったとのニュースに心が痛みます。

一昨年の秋のパリでは、初日この事件の起こったレピュブリック広場の近くに宿を取っていたので、街区の雰囲気や親切してくれた人たち、ホテルの前まで連れて行ってくれたおばさんのことなど心配です。何とも悲しい事件です。

      2013-10-24 15.37.30.jpg

posted by 佐藤健治 at 13:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

昨日は有難うございました

昨日107日の村野藤吾建築ツアー「ザ・プリンス箱根芦ノ湖と伊豆長岡三養荘」にご参加頂きました皆様、有難うございました。

博識で村野建築が好きな皆様との語らいはとても楽しく、改めてその素晴しさを確認きる充実した時間でした。

鋭い質問も頂き、様々な視点から建築を考えることができました。

皆様の行いが宜しいのか、本当に見事な秋晴れの中、美しい建築と自然、美味しい料理と大変気持ちのよい一日でした。


また是非何処かの機会にお会いしたいと思います。まずはお礼のみ申し上げます。


20151007_164757.jpg



posted by 佐藤健治 at 14:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月21日

建築家 佐藤健治と行く ザ・プリンス箱根芦ノ湖と伊豆長岡三養荘 その2


箱根プリンスホテルの美しさや魅力を伝えるために個性的な宿泊棟の外観やロビーのインテリア、レストランの天井から吊るされている可愛らしい馬の照明器具などの画像がよく使われていますが、

hakone04.jpg

このホテルにはあまり知られていない美しい空間や造形がまだまだ沢山があります。

宿泊される方の目に触れることはあまりありませんが、素晴しい宴会場が大小二つあります。

hakone06.jpg hakone03.jpg 

大宴会場には矢橋六郎作の大理石モザイクの壁画、小宴会場へのアプローチ階段など見所の一つです。

hakone07.jpg

皆さん通り過ぎてしまいがちですがロビーの窓から眺める宴会場の外観は秀逸です。


このツアーでは、そのあまり知られていない魅力的な空間や造形、見過ごしてしまいがちな見所をご案内したいと考えています。

hakone05.jpg

posted by 佐藤健治 at 16:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
矩須雅建築研究所Official Website