2018年11月14日

竣工写真撮影

先週土曜日の竣工写真は何時もお願いしている建築写真家の畑先生です。

雨上がりの快晴、最高のコンディションと思いきや、先生「空が青すぎる」と。

IMG_2268.JPG

早速のドローン撮影、ドローンははじめてで技術の進歩に驚くことばかりでした。

四方八方、上空140m・・・山裾ならではの美しい画になっているのでは。

IMG_2287.JPG

花器は前の主、陶芸家の永野さんのものを使わせて頂きました。

IMG_2295.JPG

花は瑞々しく、空間に彩が添えられます。軸は奥様の作品です。

IMG_2316.JPG

相変わらずの集中力で朝から夕方遅くまで、仕上がりが楽しみです。

posted by 佐藤健治 at 11:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

柿田川湧水

久しぶりに柿田川湧水に行きました。

IMG_1670.JPG

砂を巻き上げながら湧き出す大量の水は圧巻です。

IMG_1671.JPG

IMG_1673.JPG

その神秘的な光景にしばし時間を忘れてしまいます。

IMG_1680.JPG

 

posted by 佐藤健治 at 09:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月03日

村野藤吾と有島武郎、そして木田金次郎

「有島武郎『生れ出づる悩み』出版100年記念 青春の苦悩と孤独を歓喜にかえた画家たち:木田金次郎展」の最終日に滑り込みました。

 kidakinjiro.pdf

学生の頃、村野先生が有島文学に惹かれていたことを知り、先生の背中を追って出版されている著作は全て読み通し、とても感銘を受けました。 

先生が晩年ニセコの有島記念館を訪問したことを知っていましたので、私も村野・森建築事務所入所後の夏休みを利用して訪問しました。もう25年前のことで記念館に木田金次郎の作品が展示されていたと記憶はしていますが、その時どう感じたか思い出せません。 

少し前のNHKの日曜日美術館今週のギャラリーでこの展覧会を知り、何とか最終日に来ることができました。正直、「こんなに凄い画家だったとは」という感想です。有島武郎が「生まれ出づる悩み」で記した通りの素晴らしい才能、心に響く作品の数々、その中でも立ち去りがたい作品が幾つかあり何度も巡回してしまいました。大切な宝物ものを頂いたような一時でした。

posted by 佐藤健治 at 18:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月31日

楽しみなサイト

和歌山県のアドベンチャーワールドのパンダのトピックスが楽しい。

http://www.aws-s.com/topics/

8月14日に生まれたパンダの赤ちゃんの記事ですが、モーレツに可愛い。

getImage.jpg

ついついクリックしてしまいます。

posted by 佐藤健治 at 17:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月22日

深堀隆介展

以前より気になっていた深堀隆介さんの作品をみに平塚市美術館へ。

現在の超絶技巧、楽しませて頂きました。

IMG_1337.JPG

現代美術はとかく一方通行で、「好きなことを好きなように表現しました」という作品が多く、興味も共感も持てないことが多いのですが、彼の作品は自分が美しいと感じたものをみてほしい、共有して欲しいという思いが感じられるので、とても好感が持てます。

IMG_1338.JPG

美術愛好家ではないと思われる方々や家族連れも多いようで、素直に感心したりしているのが、とても微笑ましく一緒に楽しみました。

ご興味がある方は是非平塚市美術館まで。9月2日が最終日です。

posted by 佐藤健治 at 17:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月01日

映画「ゲッペルスと私}

「ゲッペルスと私」を観ました。

覚悟はしていましたが、やはり暗く陰鬱な映画でした。

歴史の真実として貴重な証言を聴くことができる機会と思い遅ればせながら岩波ホールへ。

モノクロームの画面に広がる証言者の顔、ゲッペルスの秘書ポムゼル103歳の深く刻まれた皺の中に垣間見える微かですが、確実に動く心の機微、虚偽か、真実か、本心か、それを読み解くことがこの映画の重要な課題だと思いますが予想以上の難解さでした。

ナチス高官の裁判記録と同様、自分をまるで他人のように語るポムゼム。

ゲッベルス_flyer.jpg

親友だったユダヤの女性について終戦後に消息を調べ、絶滅滅収容所で1945年亡くなっていたと淡々と語るくだり・・・感情はないのか、もともとなかったのか、なくしたのか、背筋の寒くなる瞬間でした。

言いようのない違和感、知らなかった、だから罪はない、人間の本質か、裏の面か、一体これは何なのだろうか・・・人間のもう一つの姿、歴史の深くて暗いページを開いてしまったような、そんな映画でした。

posted by 佐藤健治 at 18:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月23日

酷暑お見舞い申し上げます

酷暑お見舞い申しあげます。現場の職人さんの体が心配な毎日です。

皆様も無理なさらず、どうぞご自愛下さい。

IMG_1107.JPG


posted by 佐藤健治 at 17:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

地下鉄サリン事件の衝撃を思い出す

地下鉄サリン事件があった当時、村野、森建築事務所・東京事務所は茅場町にありました。当日の朝、現場に寄るか事務所に直接行くか考えて、何かやることがあったのでしょう、五反田の現場へ。詰め所にあったテレビで事件を知りました。もし、事務所に行っていたら・・・。

阪神淡路大震災の衝撃からようやく少し落着きを取り戻した時期の新たな衝撃、今回の刑執行のニュースで当時のことを色々思い出しました。

自分がそうなったかもしれない被害者の皆様のお気持ちを考えずにはいられない一日でした。

posted by 佐藤健治 at 19:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月30日

谷村美術館、ルーテル学院大学 建築ガイドツアーにご参加頂きました皆様へ

谷村美術館建築ガイドツアー&トークショーにご参加頂きました皆様

IMG_0786.JPG

6月23日の谷村美術館建築ガイドツアー&トークショーにご参加頂きました皆様、有り難うございました。東京からわざわざご参加の方が多数おられたとのこと、お楽しみ頂けましたでしょうか。担当していた高輪・新高輪プリンスホテル、箱根プリンスホテルや、15年続けてきました目黒区総合庁舎と違い、今回はじめてのツアーとトークでしたが、この作品について長年考えてきたことをお話することができ、また施工をご担当された丸山さんのエピソードや作品を実現するための創意工夫、基本設計を担当された先輩の笹木さんのお話、糸魚川やこの作品を愛する方々との語らいはとても豊かで、私自身が一番充実し、得をした気持ちです。

IMG_0782.JPG


ルーテル学院大学建築ガイドツアーにご参加頂きました皆様

IMG_0600.JPG 

6月26日のルーテル学院大学建築ガイドツアーにご参加頂きました皆様、有り難うございました。「神の家」ではなく「神の民の家」とは、まさに村野藤吾のポリシーにも繋がること、その精神性が作品の隅々まで行き渡っていることなど、うまくお伝えできましたでしょうか。お話しながら改めてこの作品の魅力や奥深さに気付かされました。この作品は竣工から49年、来年は50周年、変わらぬ精神性を宿しながら“時”の流れを魅力に纏い益々深みを増しています。皆様とご一緒に学びなおしたい、そんな気持ちでおります。

 IMG_0643.JPG

いずれまた、何処かでお会いできましたらと存じます。有り難うございました。

続きを読む
posted by 佐藤健治 at 18:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

映画・マルクスとエンゲルス

「マルクスとエンゲルス」は見応えのある映画でした。

映画はほとんど観ませんが、目黒区総合庁舎の建築ツアーガイドの長老Nさんが、とてもよかったと仰っていたので久しぶりに映画館へ。

チラシ表-1054x1500.jpg

マルクスが生きた時代のヨーロッパ各国の情勢が非常に解りやすく、映像ならではの力を感じました。

時代のうねりの中で社会を改革したいという情熱、後の東側諸国のネガティブなイメージしかない共産主義思想ですが、その背景、原点はそのイメージとは全く違う、労働者の死活問題の中で生まれた思想や理論であったのだと改めて理解しました。

時代は変わった現在でも、政治と産業、労働の関係性は変わることなく続いており、国や政治のおろかさ、進歩の無さ、労働者の無力についても考えさせられる映画でした。

posted by 佐藤健治 at 11:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

一澤信三郎帆布

テレビ東京のカンブリア宮殿に一澤信三郎帆布の一澤信三郎が出演されていました。

http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/backnumber/2018/0510/

一澤帆布は私が村野・森建築事務所に入所する前に、和風建築を勉強させて頂いた大石治孝先生の設計で、とても好きな作品です。

https://www.ichizawa.co.jp/

私がご指導を頂いている少し前に竣工したばかりで、信三郎さんにもお会いする機会がありました。お酒の席でのお話がとても印象的で、その時と同じように番組でも変わらないご自身の信念を語られて、懐かしく拝聴させて頂きました。

 大変ご苦労されておられたことは、お聞きしていましたが現在は落ち着かれて順調のご様子、海外からの旅行者からも人気で世界的な評価も高いとのこと、嬉しく思いました。信念を持って淡々とよいものを作り続ける姿勢に心打たれました。

posted by 佐藤健治 at 18:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

花筏

先週末の目黒川、桜の花弁で埋め尽くされていました。


IMG_0222.JPG


花筏というそうですね。幻想的でした。

posted by 佐藤健治 at 17:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月21日

ホームページ更新のお知らせ

ホームページに昨年の仕事の内、二軒をアップ致しました。


kmr-R (22).jpg


郊外に建つ数寄屋の邸宅と、高層ビルに囲まれた敷地に建つ「市中の隠」といった風情の住まいです。


_MG_3698-t.jpg


トップページの建築作品をクリック頂きまして、是非ご高覧下さい。


http://www.kanesuga.com/

posted by 佐藤健治 at 11:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月08日

久しぶりに神戸へ

神戸に住む兄からの誘いで久しぶりに神戸へ。

朝のドライブで明石海峡大橋まで。

安藤忠雄の作品を発見、双子の方われがなくRCの方のみでした。


IMG_0098.JPG IMG_0099.JPG


明石海峡大橋の巨大さに驚きました。

綺麗な橋ですがやはり暴力的なスケール感。

近くに孫文の記念館があることをはじめて知りました。

なかなか不思議な建物。


IMG_0111.JPG IMG_0113.JPG


商船三井ビルディングを見学。

渡辺節先生の設計、担当は村野藤吾先生。


IMG_0127.JPG IMG_0121.JPG


優美で女性的な佇まい、神戸の貴婦人といった装いです。


IMG_0118.JPG IMG_0116.JPG


内部が公開されていないのが残念です。

震災を生き延びて嬉しい限りです。


IMG_0130.JPG IMG_0128.JPG


フィッシュダンスもさらっと見学、大分錆びてきましたが健在でした。

posted by 佐藤健治 at 14:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

お知らせ

お施主様の小畑様の参加される展覧会が銀座の宮坂画廊ではじまりました。静寂を感じる画風、柔らかい空気がとても素敵です。皆様も是非足をお運び下さい。


http://www5a.biglobe.ne.jp/~miyasaka/garou/sakka_fs___kobata_kaoru_.html

posted by 佐藤健治 at 11:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
矩須雅建築研究所Official Website