2018年06月19日

映画・マルクスとエンゲルス

「マルクスとエンゲルス」は見応えのある映画でした。

映画はほとんど観ませんが、目黒区総合庁舎の建築ツアーガイドの長老Nさんが、とてもよかったと仰っていたので久しぶりに映画館へ。

チラシ表-1054x1500.jpg

マルクスが生きた時代のヨーロッパ各国の情勢が非常に解りやすく、映像ならではの力を感じました。

時代のうねりの中で社会を改革したいという情熱、後の東側諸国のネガティブなイメージしかない共産主義思想ですが、その背景、原点はそのイメージとは全く違う、労働者の死活問題の中で生まれた思想や理論であったのだと改めて理解しました。

時代は変わった現在でも、政治と産業、労働の関係性が全く変わっていないことに気付き、国や政治のおろかさ、進歩の無さ、労働者の無力について考えさせられる映画でした。

posted by 佐藤健治 at 11:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

一澤信三郎帆布

テレビ東京のカンブリア宮殿に一澤信三郎帆布の一澤信三郎が出演されていました。

http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/backnumber/2018/0510/

一澤帆布は私が村野・森建築事務所に入所する前に、和風建築を勉強させて頂いた大石治孝先生の設計で、とても好きな作品です。

https://www.ichizawa.co.jp/

私がご指導を頂いている少し前に竣工したばかりで、信三郎さんにもお会いする機会がありました。お酒の席でのお話がとても印象的で、その時と同じように番組でも変わらないご自身の信念を語られて、懐かしく拝聴させて頂きました。

 大変ご苦労されておられたことは、お聞きしていましたが現在は落ち着かれて順調のご様子、海外からの旅行者からも人気で世界的な評価も高いとのこと、嬉しく思いました。信念を持って淡々とよいものを作り続ける姿勢に心打たれました。

posted by 佐藤健治 at 18:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

花筏

先週末の目黒川、桜の花弁で埋め尽くされていました。


IMG_0222.JPG


花筏というそうですね。幻想的でした。

posted by 佐藤健治 at 17:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月21日

ホームページ更新のお知らせ

ホームページに昨年の仕事の内、二軒をアップ致しました。


kmr-R (22).jpg


郊外に建つ数寄屋の邸宅と、高層ビルに囲まれた敷地に建つ「市中の隠」といった風情の住まいです。


_MG_3698-t.jpg


トップページの建築作品をクリック頂きまして、是非ご高覧下さい。


http://www.kanesuga.com/

posted by 佐藤健治 at 11:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月08日

久しぶりに神戸へ

神戸に住む兄からの誘いで久しぶりに神戸へ。

朝のドライブで明石海峡大橋まで。

安藤忠雄の作品を発見、双子の方われがなくRCの方のみでした。


IMG_0098.JPG IMG_0099.JPG


明石海峡大橋の巨大さに驚きました。

綺麗な橋ですがやはり暴力的なスケール感。

近くに孫文の記念館があることをはじめて知りました。

なかなか不思議な建物。


IMG_0111.JPG IMG_0113.JPG


商船三井ビルディングを見学。

渡辺節先生の設計、担当は村野藤吾先生。


IMG_0127.JPG IMG_0121.JPG


優美で女性的な佇まい、神戸の貴婦人といった装いです。


IMG_0118.JPG IMG_0116.JPG


内部が公開されていないのが残念です。

震災を生き延びて嬉しい限りです。


IMG_0130.JPG IMG_0128.JPG


フィッシュダンスもさらっと見学、大分錆びてきましたが健在でした。

posted by 佐藤健治 at 14:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

お知らせ

お施主様の小畑様の参加される展覧会が銀座の宮坂画廊ではじまりました。静寂を感じる画風、柔らかい空気がとても素敵です。皆様も是非足をお運び下さい。


http://www5a.biglobe.ne.jp/~miyasaka/garou/sakka_fs___kobata_kaoru_.html

posted by 佐藤健治 at 11:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

雪景色の地鎮祭

本日、雪景色の地鎮祭でした。

IMG_0025.JPG
posted by 佐藤健治 at 17:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

お知らせ

建築主の樋渡様の展覧会が銀座和光ビル、和光ホールで今月26日(金)からはじまります。27日(土)1400ギャラリートークがあるそうです。今回は漆芸作家4人による展覧会です。私も毎回優れた超絶技巧の技に目を奪われます。ご興味のある方は是非脚をお運び下さい。


https://www.wako.co.jp/exhibitions/572


posted by 佐藤健治 at 19:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い致します。


IMG_20180101_064842.jpg


IMG_20180101_065037.jpg


IMG_20180101_065253.jpg

※左の山が高尾山

posted by 佐藤健治 at 16:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

よいお年を

本年は有難うございました。皆様よいお年をお迎え下さい。


081203_51051.jpg


081203_50955.jpg

posted by 佐藤健治 at 16:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

竣工写真撮影

本日は竣工写真撮影の立会いでした。


DSC03825.JPG


造園工事が長引きようやくの撮影です。


DSC03856.JPG


カメラマンの横で小生もパシャっと。


DSC03857.JPG


快適に楽しんでお住いと嬉しいお言葉を頂きました。

posted by 佐藤健治 at 18:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

秋の宮城へ

先週末はお休みを頂いて久しぶりに石巻十三浜へ。

秋が深まり紅葉で山が赤や黄色に染まっていました。

雪混じりの雨の中、時折訪れる陽光に海が輝いていました。


IMG_1323.JPG


気仙大工の棟梁だった祖父の実家を訪ね栗駒へ。

母の記憶を頼りに何とか辿り着きました。

茅葺ではなくなっていましたが静かに迎えてくれました。


IMG_1315.JPG


よい旅ができました。

posted by 佐藤健治 at 18:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

お施主様の展覧会案内

お施主様の樋渡様の展覧会が西麻布のギャラリー「桃居」で今月28日から開催されます。“超絶技巧”の蒔絵は見事です。たぶん皆さんご覧になったことがないようなものだと思いますのでお時間のある方は是非。人間業とは思えない卓越した美しさに息をのむこと間違いなしです。

http://www.toukyo.com/exhibition.html


樋渡賢阪本修 2人展
2017
1124日(金)〜1128日(火)
11:00
19:00 (最終日は17:00まで)

    
               

posted by 佐藤健治 at 19:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

お知らせ

私が講師を勤めさせて頂きました「オランダ+フランダースデザイン勉強会 第1建築編」レポートがIIDA Japan Chapterのホームページに掲載されました。ご覧ください。


http://www.iida-japan.jp/activities/2017/activities201711.html


posted by 佐藤健治 at 16:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

御礼とお知らせ

2017IIDA Japan Chapter 主催 オランダ+フランダースデザイン勉強会1回 建築編にご参加頂きました皆様、有難うございました。懇親会も有難うございました。大変楽しい一時でした。この場を借りて御礼申し上げます。


さて、来月の1113日(月)に東京アクセスポイント主催の見学会・村野藤吾トークツアー「グランドプリンスホテル新高輪」のツアーガイドを致します。ご興味のある方は是非ご参加下さい。


http://accesspoint.jp/tour/2352/


IMG_1204.JPG


IMG_1225.JPG


P1030658.JPG


戦前、戦後と活躍した昭和を代表する建築家、村野藤吾の最晩年の作品であるグランドプリンスホテル新高輪(新高輪プリンスホテル1982年竣工)と遺作となった茶寮恵庵(1985年竣工93)を廻るツアーのご案内です。今回のツアーでは熟達した村野ならではの造形、ディテールとその表現を実現するためのテクニックについて解説します。また、数寄屋建築の名手が手掛けた二つの茶寮、秀明、恵庵を通して茶人、村野の哲学についても解説します。グランドプリンスホテル新高輪を造形、思想、技術など様々な切り口で紐解き、村野建築の魅力を皆さんにお伝えできたらと考えています。


 

posted by 佐藤健治 at 10:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
矩須雅建築研究所Official Website