2014年03月19日

和モダン − 北欧モダン

2011年だったか、旭硝子の建築家のサイト「アーキテクトルーム」

 https://www.asahiglassplaza.net/gp-pro/column/hello/room/topic/672.htm 

で「和風のすすめ」と題して和モダンについてコラムを書きましたが、いったい何をもって和モダンなのか?
このことを考える時にいつも比較するのが「北欧モダン」、2003年の旅(ストックホルム→フィンランド各都市)は北欧ならではのモダン建築をみるというものでした。
ストックホルムのアスプルンド、フィンランドのアアルトの作品はその場所にあるからこそ魅力的で価値がある建築、風土や伝統、ナショナリズムに根ざした素晴しいものでした。
しなやかで美しく、モダンデザインでありながら深みのある造形や空間に感銘を受けました。

北欧040.jpg

自分もこの二人の建築家のように“モダン”であっても風土やナショナリズムを大切に「和」の思いを込めて設計したいと考えています。

北欧059.jpg
posted by 佐藤健治 at 17:44| 和モダンについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
矩須雅建築研究所Official Website