2013年08月04日

菅原の最新作

菅原最新作、織部の大皿と長方皿は小生の発注。なかなかの出来栄え、深みのある緑釉が美しい。

織部皿1.jpg

ふちをちぎって落とし表面は薪で叩いて荒々しく、造形的にも力があります。

織部皿2.jpg

刺身、煮物、菓子など、どんな料理にでも合う使い勝手のよいものです。

もう一つは片口。粉青掻落し、こちらは繊細で優美な形。

片口1.jpg

片口2.jpg

建築でも陶芸でも「和」の世界は奥が深くて面白いですね。
posted by 佐藤健治 at 14:23| 陶芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
矩須雅建築研究所Official Website