2010年09月04日

昭和モダンの家具

NHK美の壷「昭和モダンの家具」今朝の再放送もみてしまいました。ローコストが優先された時代のデザインとはいえ、安っぽさが気になって好きになれないものや、独りよがりで空間から浮いてしまうようなものも多々ありますが、「これは傑作」と思うものも中にはあります。学生時代か村野事務に勤めだした頃、確か島崎先生がコーディネートをされた名作椅子に座れる展覧会があって、有名な椅子を片端から座ったことがありましたが、思いのほかしっくりと座り心地のよい椅子がなく「名作椅子もこんなものか」と驚きましたが、渡辺力さんの紐の椅子は別格で、はじめて座ったときに感動したのを覚えています。坂倉さんの低座椅子も名作ですね。どちらも日本人の生活にしっくり馴染むよい家具だと思います。
posted by 佐藤健治 at 14:27| 家具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
矩須雅建築研究所Official Website