2009年10月08日

利休にたずねよ

山本兼一さんの「利休にたずねよ」を読みました。予想していた深遠な世界とは異なり生々しい心理描写で驚きました。利休も秀吉も私たちと同じ「人」として捉えられ、悩みや嫉妬、心の機微がリアルに迫ってくる小説でした。このような書かれ方は試みとしても面白く、近々もう一度読み返してみようと思います。

利休にたずねよ.jpg

posted by 佐藤健治 at 15:27| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
矩須雅建築研究所Official Website