2009年07月07日

ガウディの建築・7

カサ・ミラは“海”が表現された建築といわれています。うねる外観は波を、内部のボイドは海の底が表現されているように感じられます。村野藤吾先生の日生劇場はカサ・ミラからの影響を受けているのではと度々聞かれ自分でもそう思っていましたが、具体的な共通点ということより海のイメージが共通しているように思いました。日生劇場の外観はどこか中世の“船”のイメージが、劇場内部はカサ・ミラと同じように海の底にいるような感じを受けます。地中海を愛したガウディと海辺で育った村野先生、それぞれの国の最高の建築家が“海”をテーマに表現した作品の比較はとても興味深いことです。


ブログ用1.jpg  ブログ用2.jpg

posted by 佐藤健治 at 12:50| ガウディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
矩須雅建築研究所Official Website