2018年06月19日

映画・マルクスとエンゲルス

「マルクスとエンゲルス」は見応えのある映画でした。

映画はほとんど観ませんが、目黒区総合庁舎の建築ツアーガイドの長老Nさんが、とてもよかったと仰っていたので久しぶりに映画館へ。

チラシ表-1054x1500.jpg

マルクスが生きた時代のヨーロッパ各国の情勢が非常に解りやすく、映像ならではの力を感じました。

時代のうねりの中で社会を改革したいという情熱、後の東側諸国のネガティブなイメージしかない共産主義思想ですが、その背景、原点はそのイメージとは全く違う、労働者の死活問題の中で生まれた思想や理論であったのだと改めて理解しました。

時代は変わった現在でも、政治と産業、労働の関係性が全く変わっていないことに気付き、国や政治のおろかさ、進歩の無さ、労働者の無力について考えさせられる映画でした。

posted by 佐藤健治 at 11:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

村野藤吾建築のガイドツアー二つのお知らせ

今月の23日、糸魚川の谷村美術館のイベントにトーカーとして参加させて頂きます。彫刻家・澤田政廣作の仏像と拝観者、村野藤吾が手掛けた展示空間が三位一体となる特別な体験ができる美術館です。究極の美術館、美術館を超えた美術館を皆様にも堪能して頂きたいと思います。

pdfチラシ_谷村美術館建築ガイドツアー2018 (1).pdf

翌週26日、東京三鷹に建つルーテル学院大学の建築ツアーガイドをつとめます。教会建築を数多く手掛けた村野藤吾が設計したキリスト教ルーテル派の大学です。教育施設の他、礼拝堂、教員宿舎、学生寮がキャンパス全体に広がります。各棟はそれぞれ個性的な形態で、それが廻廊により結ばれることで生まれる変化に富んだ空間が魅力です。こちらも是非ご参加下さい。

http://accesspoint.jp/tour/%e6%9d%91%e9%87%8e%e8%97%a4%e5%90%be%e3%81%ae%e3%80%8a%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%86%e3%83%ab%e5%ad%a6%e9%99%a2%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e3%80%8b/

posted by 佐藤健治 at 17:55| 村野藤吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

遺言

先日、私が村野、森建築事務所に在籍していた時代の東京事務所の所長の奥様からお電話を頂きました。昨年亡くなった所長が、「自分に何かあったら蔵書は佐藤君に」と遺言されていたとのことで、昨日、ご自宅にお伺いしました。いつも私のことを気に掛けて頂いていたことをはじめてお聞きして心が痛みました。生意気で手に負えない若造であった自分、独りよがりで不甲斐ない弟子であったことを顧みて、申し訳ない気持ちと、寡黙だった風貌を思い出し、お気持ちを察することが出来なかったことに我ながら情けなくなりました。

 IMG_0550.JPG IMG_0566.JPG

本日は偶然、所長が担当した「恵庵」を建築ガイドし、「ルーテル学院大学」を26日のガイドツアーのための下見をしました。素晴らしい仕事に改めて深い感銘を受けました。

IMG_0599.JPG

IMG_0632.JPG 

もうすぐ一周忌、大切な遺言を頂き、まだまだ努力、勉強しなければと、思いを廻らした一日でした。

posted by 佐藤健治 at 18:37| 村野藤吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月02日

2018年度、目黒区総合庁舎建築ガイドツアーにご参加頂きました皆様へ

2018年度、15年目の目黒区総合庁舎建築ガイドツアーにご参加下さいました皆様、有難うございました。

皆様とお会いできましたこと、村野藤吾先生の美学、探究心、思いをお伝えできましたこと、嬉しく存じます。いずれまた何処かでお会いできましたら幸いです。

IMG_0515.JPG

「心」の石に鴨が羽を休めていました。

posted by 佐藤健治 at 18:02| 村野藤吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
矩須雅建築研究所Official Website